急性期医療における
i-STAT®システム

複雑で複数のステップからなるプロセスは、診断や治療を遅らせる場合があります。急性期医療部門でのこれらの遅れは、影響が非常に大きくなることもあるのです。i‑STATシステムは大型検査機器と同等の精度を持つ検査結果を数分のうちに提供します。つまり、必要な時に必要な場所で重要な判断を下すことができるようになるのです。

「患者様と共にある」検査を

i-STATシステムで実現

i-STATシステムにより急性期医療チームは患者様の側を離れることなく、協力的で患者様中心の医療を行うことができるようになります。診断検査を提供し記録を保管することで、i-STATシステムは以下のように急性期医療チームのお役に立ちます。

  • 潜在的なエラーを少なくします
  • 医療チームが協力的に動けるようになります
  • ご家族とのやりとりが増え自信も増します
  • 病院のリソースをあまり使わないで済むようになります   

一滴の血液もムダにしない1

i-STATシステム はほんの2、3滴の血液で、大型検査機器と同等の精度を持った結果が得られます。これは、新生児集中治療室(NICU)では非常に重要です。新生児は 2週間滞在している間に総血液の最大15%を失う場合があります。血液は未熟児の骨髄ではそれほど素早く生成できません。2  

 i‑STATシステムを使用して輸血の量を大幅に減らすことができます。 

  • 複数回使用のアナライザーにより、遅れによる穿刺のやり直しをなくす
  • 検査前・最中のサンプル凝固リスクを最小に減らす
  • 1個のカートリッジに検査項目をまとめる 

さらに、サンプルの完全性、センサー、液体に関する品質のチェックはそれぞれのi‑STAT単回使用検査カートリッジで自動的に行われ、信頼性の高い結果を報告します。

専門家の意見

"「患者様の病床についていることができ、そしてチーム全員がそこに控えており、必要な物を揃えられる場合には、患者様の転帰が改善します」"

expert-insight-critical-care.png


呼吸器専門医

卓上型や中央検査室よりも

迅速な結果

i-STATシステムは24時間年中無休で「患者様と共にある」検査を提供し、卓上型システムで見られるような遅れを避けることができます。例えば、輸送、人が介在することによる邪魔、メンテナンス、較正などです。 

英国の2つの大規模病院に由来する結果が示すところによれば、 i-STAT システムは2つの別々の卓上型や中央検査室よりも、ずっと素早く結果が得られたとのことです。3, 4

採血から結果提示までの時間(中央値)
卓上型アナライザー使用の場合(分)

/median-time-bench-top-graph.png

採血から結果提示までの時間(中央値)
中央検査室から結果が戻ってくるまで(分)median-time-central-lab-graph.png
I-STAT_433.png

i‑STATシステムで
大きな成果

i‑STATは急性期医療の現場でよく起こる課題を克服します。都市部にある多忙な冠動脈集中治療部門(Cardiovascular Intensive Care Unit、CVICU)*で、i-STAT使用により患者ケアが目に見えて大きく改善したことが分かっています。5

  • 人工呼吸器を使用する時間(平均値)が2時間40分に削減されました。リソース使用、理学療法開始までの時間、患者ケアのコストが減りました。
  • LOS(入院期間)が44%減りました。 全体として、患者ケアにかかるコストが47%減りました
* 表示結果ごとにデータ評価のタイミングは変わっています。特定施設でデータをファイル保存 ここに示された結果は、ある医療施設に限ったものであり、他の施設では異なる結果が得られる場合があります。

多岐に渡る検査項目に対応

ポータブルな i-STATシステムは、乳酸、凝固検査、トロポニンなど急性期医療部門で最も測定頻度の高い項目に対応します。

 i‑STATシステムで行うことができる診断検査
乳酸 CG4+
血液学的検査 CG8+、EG7+、EC4+、6+、EC8+、EG6+、CHEM8+
生化学/電解質 CHEM8+、EG7+、Crea、EC4+、6+、EC8+、EG6+、CG8+
心筋マーカー cTnl
血液ガス  EG7+、CG8+、G3+、EG6+、CG4+
凝固  ACTc、ACTk

 

doctor-at-a-meeting-medium.jpg

トレーニング & 導入

当社の専門家チームが個々の臨床・技術的専門性によりi-STATシステムの導入がうまくいくお手伝いをします。

トレーニング & 導入の詳細を見る
woman-medical-doctor-with-laptop-medium.jpg

情報センター

「患者様と共にある」検査について、医療専門家向けに用意された情報豊富なウェブカンファレンスとケーススタディで見識を広げましょう。

情報にアクセス
 参考文献
1. Focus on Integris Baptist Medical Center, Oklahoma City. Featured Case Study. The Pulse. Winter 2013;2(2). Accessed October 2015.

2. Stockowski LA et al. Anemia and erythrocyte transfusions in neonates. Available from www.medscape.org/viewarticle/584656. Accessed October 2015.

3. Ismali F et al. Scand J Trauma Resusc Emerg Med 2015; 23:68-75.

4. Rooney KD et al. Point of care testing decreases time to lactate results in patients with sepsis. Poster presentation 2015. 

5. Abbott Point of Care. Bedside point-of-care testing: Helping advance patient care at a busy New York CVICU. CVICU Snapshot 030755 Rev A 01/13. 

アボットのウェブサイトから第三者のウェブサイトに移動しようとしています。

アボットのワールドワイドウェブサイトから離れるリンクはアボットが管理しているものではなく、そのようなサイトの内容、 またはそのようなサイトからのリンク先の内容についてアボットは責任を負いません。これらのリンクはお客様の利便性のために提供されているだけであり、 アボットがリンク先サイトを支持しているわけではありません。要求されたウェブサイトはご使用の画面サイズに最適化されていない場合があります。

続行してこのウェブサイトを離れてもよろしいですか?

はい いいえ

アボットの国または地域に固有のウェブサイトに入ろうとしています。

要求されたウェブサイトは、当該サイトに記載されているように、特定の国の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのため、他の国や地域で承認されていない医薬品、医療機器、その他の製品に関する情報、またはそれらの製品の使用に関する情報が記載されている場合があります。

続行してこのウェブサイトに入ってもよろしいですか?

はい いいえ

アボットの国または地域に固有のウェブサイトに入ろうとしています。

要求されたウェブサイトは、当該サイトに記載されているように、特定の国の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのため、他の国や地域で承認されていない医薬品、医療機器、その他の製品に関する情報、またはそれらの製品の使用に関する情報が記載されている場合があります。

続行してこのウェブサイトに入ってもよろしいですか?

はい いいえ

今お使いのデバイスでは全てを閲覧できない可能性があります。

これからアクセスするページはパソコンの画面用にデザインされたものです。

今使っているデバイスでこのまま閲覧する
お気軽にご相談ください。